塩川工務店

新潟県の新築・リフォーム・バリアフリー住宅なら塩川工務店におまかせ下さい。
 

夏は涼しく冬は暖かい家

 
夏は涼しく冬は暖かい家

塩川工務店が採用する「エアサイクル工法」は自然の力で、夏の涼しさと冬の暖かさを実現させるシステムです。

夏 SUMMER
 
昼…集冷と放冷

床下換気口と小屋裏換気口からの風を住宅に採り入れ(集冷)、家中の空気層に流れ込ませます。
夏の日射による熱は上昇気流によって屋根裏に集められ、小屋裏用からただちに排出(排熱)されます。
気温の上昇に応じて、冷たいところから暖かいところへと移動する空気の性質を利用し、
夜のうちに床壁に蓄えられた冷気が放出(放冷)され、
家の温度の上昇を防止するよう働きます。
 
夜…集冷と蓄冷

床下換気口と小屋裏換気口から夜の冷たい風を十分に取り入れます。
昼間に温められた住宅内上部の空気は夜になって外気温が下がってくると
その温度差から家の外へと流れ出ていきます。
風は空気口を通して家中に循環し、涼しい夏の夜を実現します。
涼しさは床下・壁や天井に蓄えられ(蓄冷)、昼間の暑さに対処します。
 

冬 WINTER
 
昼…集熱と蓄熱

壁用・屋根用のボードを通して太陽光を採り入れます(集熱)。
生活エネルギーも大切な熱源です。

暖められた屋根裏・壁内の空気層に上昇気流が生まれます。
空気層内で空気が上昇する分、床下および北側から冷たい空気が、南側の空気層に引きこまれます。

暖かい空気は家中を循環し、やがて床下・壁・天井に蓄えられ(蓄熱)てゆきます。
 
夜…放熱と断熱

夜になると上昇気流は止まり、壁用・屋根用のボードのポケットの中に空気が沈み、静止空気の層をつくります。
静止空気層は強力な断熱層となり、家の中の熱を守り、外の寒さを防止します。
室温が低下してくると、壁や床下に蓄えられた熱が放出(放熱)され、室温を保ってくれます。
エアサイクル層内の空気の移動はゆったりとしており温度変化も緩やかなので結露の発生も防げます。
 

特殊パネルと換気口が、エアサイクルの家の心地よさを守る鍵です。
エアサイクル工法を積極的に採用することで、住宅内の室温が常に快適な温度になるので、
体の弱い赤ちゃんやお年寄りにもやさしい快適な住み心地になることを約束します。

夏は涼しく冬は暖かい家の仕組み

エアサイクル工法についてのお問い合せやご質問は以下からお気軽にどうぞ!
具体的な工費や施工例などをご提示しながらじっくりと話し合うことももちろん可能です。


新潟県の新築・リフォーム・バリアフリー住宅なら塩川工務店におまかせ下さい。
 

メニュー

サブメニュー

塩川工務店の考え

家づくり豆知識