塩川工務店

新潟県の新築・リフォーム・バリアフリー住宅なら塩川工務店におまかせ下さい。
 

床暖房設置

 
ペットが健康に暮らせる家をつくろう

床暖房とは、床を温めることで部屋全体を効率良く暖かくする暖房技術のことです。

エアコンやヒーターなどの暖房器具を使用した場合、暖かい空気は室内上部に集まってしまうので
人のいる高さの空気は暖かくなりにくく、特に足元には冷気が溜まってしまい暖房効率が悪いです。

床暖房は足のつく床面から発熱するために、足元は暖かく天井に向かうにつれ空気が冷たくなっていくため
人間にとって理想的な「頭寒足熱」の状態が作り出せます。

また、輻射熱により部屋の中が均一に温めることが出来、大変快適です。
人の体は足元が温まると室内の気温の低さにも関わらず高い体感温度が得られるので、
一度床暖房を設置してしまえば省エネ、暖房器具のコストも大幅に削減が可能です。


床暖房の仕組み
床暖房には主に二種類あります。

温水式
ボイラー・給湯器などを用いて沸かした水を床下に張り巡らせたパイプ内に流し床を温める方法。
燃料はガス・灯油が主流。
設置費用は電気式よりも高くつくが、燃料費は安い。
湯を流すので空気乾燥の心配がなく維持費が抑えられます。

電気式
床材の真下に電気式パネルフィルム(発熱体)を敷き、これに電気を流すことにより発熱させ床を温める方法。
この他にも蓄熱材を内蔵し価格の安い夜間電気(熱)を蓄えることで利用できるタイプのものもあります。
暖房の立ち上がりが早く、メンテナンスが容易なのも特徴。


床暖房の選び方
温水式・電気式(通電式・蓄熱式)どちらを選ぶかは、床暖房をつける時間や設置場所に応じて決めましょう。
温水式の床暖房は、設置場所が比較的広い面積の場合や長時間の利用が予想される家庭に向いています。
また機器や工事など、イニシャルコスト(初期費用)はかかりますが、
ランニングコスト(維持費用、主に燃料費)は安く抑えられることが多いため、
床暖房を何年も使いたいという方にもおすすめです。

電気式の床暖房は、稼働時間が短かったり、設置面積が狭い場合によく用いられる方式です。
イニシャルコストが安い上、深夜電力を蓄積・利用する蓄熱式ならランニングコストも抑えられます。
家族で団欒したり、誰かが家にいる時間が長い家庭は温水式、まだ若共働きの夫婦や床暖房の利用頻度が低い方、
リビングにだけ床暖房を入れたい、という家庭の方は電気式、などと使い分けてみて下さい。

リフォームと新築
リフォームの際に床暖房を取り入れる場合には十分な検討が必要です。
例えば床を解体するのかどうか。
リフォームでは手間がかかればかかるだけ工費もかさむので、なるべく手間のかからない道を選んだ方がお得です。

そこでよく行われるのは既存の床の上から新しい床を張ってしまう方法です。
元の床を壊して再度新しい床材を張り付けるよりも「壊す」部分の手間が省けるので安上がりです。
この場合何でも好きな床暖房方式を選択することが可能です。

しかし床材を上乗せするため天井がやや低くなることは避けられません。
特に電気式のうち蓄熱タイプの床暖房を導入しようと思った場合、
蓄熱材自体にかなり厚みがあるものがほとんどなので(4〜6センチ)、判断は慎重に行う必要があります。

新築への床暖房取り付けはリフォームに比べ容易です。
ですが一度設置した床暖房を交換したいということになると
せっかくの新築のキレイな床を壊さなくてはなりませんので床暖房の種類選択にはきちんと時間をかけるのがベストです。


自分だけではよくわからないという方は是非塩川工務店にご相談下さい。
もちろん無料でアドバイスをさせて頂きます。

床暖房設置(プリマヴェーラ)
床暖房プリマヴェーラ設置
床暖房施工中
床暖房施工中


床暖房施工の際、いつもお世話になっている株式会社アルシステムさんのサイトです!


株式会社アルシステム



新潟県の新築・リフォーム・バリアフリー住宅なら塩川工務店におまかせ下さい。
 

メニュー

サブメニュー

塩川工務店の考え

家づくり豆知識