塩川工務店

新潟県の新築・リフォーム・バリアフリー住宅なら塩川工務店におまかせ下さい。
 

バリアフリー住宅

 
塩川工務店がつくる家

最近よく耳にする「バリアフリー」というフレーズ。
道路や公共施設などの公共の場だけでなく
住宅にもバリアフリーを取り入れる家庭が増えているのを御存知ですか?

実は、家庭内の事故で命を落とす方はなんと毎年6,000人にも上ります。
高齢者や車椅子で生活する方、障害を持った方などは、
家の中にいても数々の危険と隣合わせとなっています。
トイレに行くのもお風呂に入るのも着替えるのも、日常生活の一つひとつが大きな負担です。
そこで登場したのが”バリアフリー住宅”という考え方です。
誰もが楽に、ストレスを感じることなく過ごせる家を作ろう、というこの試みは全国でも徐々に広まっています。

また、人生のうち多くの時を過ごす「家」の中を快適で安心して生活できる空間にすることはとても重要です。

そこで塩川工務店では、どんな方でも暮らしやすい「バリアフリーの家作り」にも力を入れております。
以下に施工の一例をご紹介します。

道路と敷地の段差解消
車椅子を使用される方や足腰の不自由な方が家に入る時の第一関門が住宅敷地へ入る際の段差です。
通常は雨水などが溜まるように10センチほどの段差が作られていますが、
この高低差を極限までなくしスムーズに出入りが出来るようにします。

玄関までの移動
敷地に入り玄関まで辿り着くのも一苦労であることが多いです。
住宅によっては玄関ドアまでに階段があることも。
通常行う、別途幅の広いスロープを設置する、という施工が予算や敷地の面積・構造上困難な場合には、
段差解消機(車椅子ごと上下に移動が可能)を取り付けることが出来ますのでご検討下さい。

玄関ドア
なるべく内外の段差が生じにくい「引き戸」を利用することが重要です。
ドアノブも太く大きなものにして、
カンタンに開け閉めが出来るように工夫するので便利です。

玄関
玄関には土足スペースと部屋の段差を作らずスロープ形式にする方法が主流です。
また、余裕があれば前述の段差解消機を設置して家へ楽々あがることが出来るようにすると更に快適です。

トイレ
ハンディキャップを持つ方にとってトイレの使用は最難関とも言える行為です。
住宅設計の中で一番使い易くしておく必要があります。
当工務店ではトイレを広く設計し、
水洗や便座の開閉、電気のオンオフを全自動で行なってくれるものを導入します。
またトイレの場所も重要で、寝室の隣や近くに設置し使用者が夜中でも自力で
使用出来るようにするのが望ましいでしょう。

浴室
入浴もトイレに続き困難がつきものですから、使い易さを徹底的に追求したデザインにします。
当工務店の施工ならいざという時のための呼び出しボタンを設置したり
座ったままシャワーを浴びられる「座浴」デザインにしたりと自由自在です。
トイレと寝室の近くに浴室を設置することで、利便性も高めることが出来ます。
お客様の立場に立って様々なご提案を致しますので、どうぞご安心ください。

廊下
廊下は車椅子が壁を傷つけることなくスムーズに走行できるよう幅広の設計を基本としています。
こうすることで衝突事故の不安もなくなり、安心して生活出来ます。

階段
二階・三階のある住宅では階段の使い易さも鍵になります。
そこで当工務店のバリアフリー住宅では段差をなるべく低くし、一段一段の足場も広く設計しています。
手すりも持ちやすく手にフィットするものを低めの位置に取り付けることで安全性が非常に高くなります。
夜間に足元を照らすための照明を設置し不慮の事故を防いでいます。

キッチン
一人暮らしの高齢者や車椅子生活者が料理をするには確かな安全性と使い勝手の良さが必要です。
当工務店の作るバリアフリーキッチンは調理台が低く、
電動で昇降する吊戸棚などを用いていつでも不自由なく料理ができる設計になっています。
また、火を消し忘れても問題のないよう自動消火機能を盛り込むことも出来ます。

テラスの設置
外出しなくても外の空気を吸ってリフレッシュしてもらえるように、
リビングや寝室から一続きになったテラスを設置する施工も人気です。
テラスでお茶を飲んだり、読書をしたり夜空を眺めたりと使い方も様々です。
ガーデニングやプチ家庭菜園等も気分を明るくします。
気軽に外出気分が味わえるので、なかなか外に出られないという方にもおすすめです。

エレベーターの設置
階段の利用が困難な車椅子使用者の方や足腰の不自由な方が自由に家の中を移動するには
エレベーターの取り付けが有効です。
現在はスペースを取らない小型のエレベーターも開発されており、費用もそこまで張ることはないので是非ご検討下さい。


新潟県の新築・リフォーム・バリアフリー住宅なら塩川工務店におまかせ下さい。
 

メニュー

サブメニュー

塩川工務店の考え

家づくり豆知識