塩川工務店

新潟県の新築・リフォーム・バリアフリー住宅なら塩川工務店におまかせ下さい。
 

エアサイクルシステムについて

 
エアサイクルはいい!

寒暖差のない快適・エコな暮らし
大きな一軒家を持つことは人生の大きな夢でもあります。
仕切りを少なくして、開放感のあるくつろぎ空間を作りたい。
家族皆で団欒できる大部屋を作りたい。
そのこだわりは人それぞれですが、やっぱり気になってしまうのが広さゆえの暖房代・冷房代ではないでしょうか。

我が工務店で取り入れている「エアサイクル工法」は、”夏は涼しく冬は暖かい”という
理想的な温熱環境で家全体を包む新しいエコ工法です。
広いリビングも、子ども部屋も、トイレも廊下も、家の中すべての温度が均一に保たれるのでとても過ごしやすいんです。

では「エアサイクル工法」とは一体どういう仕組みになっているのか、ご説明します。

エアサイクルの家のキーワードは

  • 外張り断熱
  • 空気の流れ

この2つです。

外張り断熱とは、住宅の骨組みを外側から覆うようにして断熱材を張り巡らせる断熱方法のこと。
断熱材によって外温度の影響を受けにくくし、室内温度を一定に保つのです。
こうすることで夏場は強い日差しを、冬場は冷気を徹底的にシャットアウトしています。

エアサイクル工法で用いられる断熱材は「エアサイクルボード」と呼ばれ高い断熱効果を誇ります。

次に重要なのが、空気の流れです。
エアサイクルボードにはダイヤ柄の溝が設計されており、そこから断熱材の内部(エアサイクル層)でもさかんに
空気の流れを作り出すことが出来るようにしています。
ここで「冷たいところから暖かいところへ移動する」空気の特性を生かして
夏の昼間は暖気を外へ逃し涼しく快適に、冬の夜は昼間蓄えておいた暖気を循環させ部屋を温めます。

床下と小屋裏には手動で開閉する換気口を設置し、夏場特に蒸し暑い日には
ボタンひとつで上の換気口から屋根に溜まった暖気を外へ放出でき、
下の換気口からは涼しい空気だけが流入するのでいつでも過ごしやすい家が実現します。

またこの換気口は冬場は自動的に閉まり、昼間に太陽の熱で温められた暖かい空気を
屋根内部にとどめて家の中を循環させるため効率の良い暖房の役割を果たします。

床下の空気を動かすコラムべ―ス基礎工法

木を長持ちさせる
冬場になると、どうしても悩みのタネになるのが結露。
窓サッシに結露がついたままだと嫌なカビの原因にもなってしまいます。
また、梅雨の時期には言わずもがなお風呂や押入れの奥がじめじめしてきたりと
日本の住宅事情には湿気が密接に関係していますね。

しかし、カビが発生するのは家の中だけではありません。
普段目に見えない場所はカビても分からないため注意が必要です。
特に壁内部や床下などは湿気がこもりやすく木造の家だと木がすぐに傷んでしまいがちです。

木が傷み腐食が進むと住宅の強度自体も弱ってしまうため、家の資産価値にも影響してきます。

しかも木が健康な状態であればシロアリ等の被害も最小限に食い留めることが出来るため、
そういった意味でも木を守ることは必要不可欠です。

そこで、エアサイクル工法では部屋の中だけでなく壁内部や屋根内の空気の流れも大切にしており、
木を常にからっと乾燥した状態に保つことで「長持ちする木の家」を作り出しているのです。

乾燥状態を保つ床下と壁内

実際にエアサイクル工法にて施工した住宅の壁の中が20年以上経った今もキレイなまま、
カビやシロアリ知らずという報告もあります。
エアサイクル工法は、エコと人・家の健康を同時に実現する次世代工法と言えますね。

私たち塩川工務店は、エアサイクルの家を推進しています。


新潟県の新築・リフォーム・バリアフリー住宅なら塩川工務店におまかせ下さい。
 

メニュー

サブメニュー

塩川工務店の考え

家づくり豆知識